スポンサーサイト

  • 2014.07.13 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

無になる時間

  • 2014.06.17 Tuesday
  • 20:54
こんばんは。鎌倉 腰越の助産院、みやうち赤ちゃんおっぱい相談室です。

双子が幼稚園生になり、何か運動だったり、趣味だったりの時間を持ちたいと思っています。

運動だったら水泳かピラティスかジョギング…?

趣味だったら…集中して「無」に慣れるもの。

と考えていました。

最近、長女が授業で書道が始まりました。
私自身、小学2年〜高校1年まで書道を習っていました。
段位は、あのEXILEのTAKAHIROと同じ8段^ ^


双子を妊娠する前後もまた書きたくて習っていました。

長女に書道を教えていると、自分も書きたくてウズウズ^^;

筆で文字を書いている時間は正しく「無」になれる時間で、普段は猫背の私が、書いている時だけは自然と背筋が伸びます。




↑さっき、かれこれ4年ぶりくらいに書いた文字。

仕事は楽しいし自分らしく居られる時間ですが、こうして自分とゆっくり向き合う時間も好きだし大事ですね。







将来の夢

  • 2014.06.09 Monday
  • 16:51
こんにちは。鎌倉 腰越の助産院、みやうち赤ちゃんおっぱい相談室です。

連日の雨で肌寒かったのが今日は蒸し蒸し暑い日ですね。

先日放送されたソロモン流。
矢島助産院を経営されている矢島床子さんが取り上げられました。

先週、録画していたのを一人じっくり見ました。

久しぶりに見るお産の様子にうるうるして、現在69歳の矢島さんには壮大な夢があると話されていたことに心揺さぶられました。

私はお産介助が大好きです。

陣痛はお母さんと赤ちゃんの共同作業で乗り越えます。
赤ちゃんは一生懸命狭い産道をお母さんの身体を傷付けないようにゆっくり降りてきます。お母さんも赤ちゃんを感じながら陣痛を乗り越えます。そうして赤ちゃんの頭が見え隠れし始めたときの赤ちゃんとお母さんの力を感じる時がとても好きな瞬間です(かなりマニアック?かも^^;)

私が今までにお産介助した赤ちゃんは210人。

最初の赤ちゃんはもう中学生です。

またお産介助をしたいな〜とフツフツと考えていますが、現状なかなか難しい
…。もし自分でお産施設を開業となると
嘱託医、連携医療機関etc…乗り越える課題は沢山。

やはりこれはかなりハードルが高いです。

矢島さんのテレビを見て以降、これからの自分のことを考えていた矢先、今日来たお客様に「宮内さんのこれからの夢はなんですか?」と聞かれました。

私のこれからの夢…

またお産介助をすること。

産前産後のお母さん達が気軽に集える場所作り。(身体と心に優しいご飯を提供して、産前産後のお母さんの身体のケアなどなど)

まだかなり漠然としてます…^^;


先日、月一でおっぱいマッサージに来ているお客様から嬉しい言葉を頂きました。

おっぱいが詰まり休日に電話が来て、対処法などを口頭でお話した事があったのですが、

『宮内さんの声を聞いただけて「あっ、もう大丈夫」って思ったんですよ、そんな明るさ、安心感のある宮内さんには助産師が天職ですね、これからも宜しくお願いします』と。

すごく嬉しい言葉です^ ^

一人一人のお客様と信頼が築けるようにこれからも日々の仕事を頑張って行きたいと思います。

私の将来の夢…夢だけで終わらせないぞ〜!









布ナプキンと布オムツ

  • 2014.06.01 Sunday
  • 22:19
こんばんは。鎌倉 腰越の助産院、みやうち赤ちゃんおっぱい相談室です。


突然ですが…
布ナプキン、使ったことありますか??

漏れてしまうのではないか、使用後の処理が大変そう、そう思っている方も多いと思います。

私もそう思い、ハードルが高いものと思っていましたが、ゆる〜く使い始めてかれこれ5年くらい経つかな?


最近は布ナプキンだけで過ごした時の自分の身体の変化が面白くて紙は使わないようにしています。

何が面白いかというと…

無意識なのか、多少意識しているのか、トイレで月経血が出る、出せる。
→布ナプキンがあまり汚れない。

紙ナプキンを使った月よりも、2日は早く生理が終わる。

という2点が大きなところ。

あと一般的に言われるのが、月経痛が軽くなる、などでしょうか。

紙から布に変えただけなのに、本当に不思議です。

きっと自分の身体にきちんと五感を集中させているのかもしれません。

それを無意識のうちにしている感じ。

忙しい毎日、生理周期のほんの数日ですが自分の身体にきちんと目を向けられる大切な日だと思います。


それと布オムツ。

長女の時にはトイレトレーニングで1歳から使用。

双子は「オムツなし育児をしよう!!」と張り切っていたけれど、産後の私の体調と双子育児の大変さに負け、一歩妥協して布オムツを使いました。

双子の時は産まれてすぐに震災があり、
ドラッグストアから紙オムツが消えた!という話を聞く中、私はオムツの心配なく過ごすことが出来ました。
でも避難しなければならない状況だったら紙がやっぱり便利だな〜、とも考えました。


でも肌に当たるものはやっぱり、紙より綿の方が気持ちいい^ ^

あと数年で始まるであろう長女の初潮。出来れば最初から布ナプキンを使わせてあげたいな、と思う母なのでした。










Profile

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

facebook

Selected Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Links

Search this site.

Others

PR